愛知県名古屋市中区
マイナンバー


スポンサーリンク

マイナンバーとは

マイナンバーは、国民一人ひとりに割り当てられる12ケタの固有の番号のことで、原則として生涯同じ番号を使うことになっているものです。
そのため、社会保障、税、災害対策といった分野で、同一人物の確認がしやすくなるといったメリットをもっています。


自分のマイナンバーを知るには

平成27年10月から、住民票を有する全ての人に、1人1つのマイナンバー(個人番号)を記載した通知カードが書留郵便ですでに送られており、外国籍でも住民票のある人は対象となっています。
国外に滞在している人などで、国内に住民票がない場合は、当然ですが、マイナンバー(個人番号)が通知されていません。
国外滞在者が日本国内に転入し住民票が作成された場合や、平成27年10月以降に生まれた赤ちゃんなど、これまでに住民票がなかった人については、住民票登録がされた時点で、マイナンバーも作成され、同様に通知カードが後から送付されてきます。
通知カード以外では、市区町村役場の窓口でマイナンバー入りと指定した上で住民票の交付を請求すれば、その住民票にはマイナンバーが記載されますので、マイナンバーの確認が可能となります。


マイナンバーを使うシーンとは

平成28年1月から、社会保障、税、災害対策の行政手続で、順次、マイナンバーの提示が必要となっています。
たとえば、社会保障分野では、年金の資格取得や確認・給付、雇用保険の資格取得や確認・給付、医療保険の給付請求、福祉分野の給付、生活保護などの手続において、マイナンバーが必要になることがあります。


名古屋市中区のマイナンバー窓口

通知カードやマイナンバーカード(個人番号カード)に関すること、その他マイナンバー制度に関する問合せについては、全国共通のフリーダイヤルが開設されています。

マイナンバー総合フリーダイヤル
0120-95-0178(無料)

また、地域で実際にマイナンバーの通知やマイナンバーカードの交付などの事務を行っている市区町村役場の位置や連絡先は次のとおりです。

460-8447
愛知県 名古屋市中区 栄4-1-8
052-241-3601
Webサービス by Yahoo! JAPAN

スポンサーリンク


マイナンバーが必要な手続き

市区町村役場において、マイナンバーの記載が求められる書類や手続きとしては、一般に次のようなものが挙げられます。
これらの手続きなどをするにあたっては、あらかじめマイナンバーカードや通知カードを手元に用意しておく必要があります。


スポンサーリンク


参考



ダウンロード内閣官房のウェブサイトから「マイナンバーまるわかりガイド(保存版)」「マイナちゃんのマイナンバー解説」「動画でみるマイナンバー制度(事業者向け)」などの資料をダウンロードできます。




▲ ページトップに戻る