福岡県福岡市東区
出産育児一時金


出産育児一時金とは

妊娠や出産は病気ではないため、原則論でいえば健康保険が使えず、全額自己負担となってしまうことから、その負担を軽減する目的で、一時金として健康保険からまとまった金額が支給されるのが、出産育児一時金とよばれるものです。


出産したときにもらえる出産育児一時金

スポンサーリンク

出産育児一時金を受けることができる人

出産育児一時金を受け取ることができる人は、福岡市東区の国民健康保険、またはその他の健康保険に加入していて、妊娠85日以上(妊娠4か月以上)で出産した人となっています。

この場合、妊娠85日以上での出産であれば、流産や死産であっても出産育児一時金の支給の対象となります。

ただし、国民健康保険の場合は福岡市東区役所が、その他の健康保険の場合は勤務先の健康保険担当などが申請の窓口となります。


出産育児一時金の金額

出産育児一時金の金額は、原則として子供1人につき42万円となっています。

ただし、分娩機関が産科医療補償制度に加入していない場合などについては、子供1人あたり40.4万円となっています。


福岡市東区の問合せ先

福岡市東区役所の位置や連絡先は次のとおりです。

812-8653
福岡県 福岡市東区 箱崎2-54-1
092-631-2131

[大きな地図を表示]

スポンサーリンク


参考





▲ ページトップに戻る