長崎県諫早市
転出届・転居届


転出届・転居届とは

諫早市から他の市区町村へ引っ越す場合には、役所の窓口に転出届を提出し、転出証明書の発行を受ける必要があります。
もしも同一の自治体内だけで引っ越しをして住所が変更となる場合は、転居届を提出します。
なお、こうした住所の異動に伴い、国民健康保険や介護保険、国民年金、児童手当などの他の制度の手続きが必要となる場合があります。


スポンサーリンク

届出をする人

諫早市で転出届および転居届の手続きをする人は、本人または世帯主です。
代理人が届出をすることもできますが、その場合、本人の委任状を持参することが必要です。


届出の期間

諫早市への転出届の届出期間は、転出する前(受付は1か月程度前から)までです。
転居届の届出期間は、転居してから14日以内です。


手続きに必要なもの

転出届または転居届の手続きには、通常は次のようなものが必要となります。


その他にも次のようなものが必要になることがあります。


諫早市の問合せ先

諫早市役所の位置や連絡先は次のとおりです。

854-8601
長崎県 諫早市 東小路町7-1
0957-22-1500

スポンサーリンク


その他の引越しに伴う手続き

引越しに伴い、これまで使用していた公共上水道の使用を中止する場合には、給水中止届を提出することが必要です。アパートやマンションの場合には、特に号室を間違えないようにすることが大切です。水道の閉栓の作業がありますので、水道を使用する最終日は、引越し作業の日程を踏まえて記入します。


65歳以上の住民および40歳から64歳までの医療保険加入者で介護保険被保険者証を持っている人は、他市町村から転入してきたとき、または他市町村に転出するときには、介護保険の届出の手続きをあわせて行うことが必要となります。


国民年金の第1号被保険者が住所を異動したときは、住民登録の窓口で転入届などを提出するのとあわせて、国民年金の窓口にも届出をすることが必要です。手続きには年金手帳を持参します。すでに手元にある国民年金保険料の納付書は、引越をしても引き続き使用が可能です。口座振替の場合も同様に、国民年金保険料は継続して自動で引き落とされます。


▲ ページトップに戻る

スポンサーリンク